ショッピング

トップ > ショッピング
サンプルソープ: シアバター石けん for special care 【KONAN: アフリカン・シークレット・ハーバル・ソープ】アフリカの大地から力強いハーバルソープの登場です。
型番 KONAN-SH-SP
定価 300円(税22円)
販売価格

300円(税22円)

購入数
5,400円以上ご購入の場合は送料無料です。

標準重量:15g (枠練化粧石鹸)
成分:シア脂、水、ヤシ油、水酸化Na、カラパプロセラ種子油、メリアアザジラクタ種子油(ニームオイル)、イライト(フレンチ・グリーンクレイ)、ミトラカーパススケーバーエキス、ハネセンナ葉エキス、メリアアザジラクタ葉(ニーム葉粉末)、ハチミツ(シアバターの木とネレのはちみつ)、香料(ラベンダー精油、スウィートオレンジ精油、ティートゥリー精油)
原産国:ブルキナファソ
製造元:丸菱石鹸 西垣壮南
〒673-0453 兵庫県三木市別所町下石野1108
●お肌に発疹、炎症などトラブルが生じた場合は、その商品はご使用にならないでください。
●自然乾燥のため、色や形がそれぞれ異なりますが、使用上問題はありません。
●赤ちゃんにはシアバター100%のシンプルなソープ「ナチュラル」をお勧めします。



配送についてのご注意:こちらの商品のみのお買い上げの場合、普通郵便でのお届けとなります。また、他の商品と同時にお買い上げいただきました場合は、ゆうパック/エクスパックでのお届けとなります。総額5400円以上のお買い上げで全体の送料が無料となります。同時お買い上げで5400円未満の場合は、送料を700円頂戴いたします。



【ちょっと特別なKONANのソープ。アフリカ伝統医療の知恵がいっぱい詰まった「キレイ」にするソープです】


ブルキナファソで口伝えで受け継がれてきた伝統医療の秘密を閉じ込めたハーバルソープに、おうちケアで使われる代表的精油「ラベンダー」「ティートゥリー」、そしてリラックスできるよう「スウィートオレンジ」で香り付けしました。石鹸素地はシアバター80%で、気持ちよく潤いつつ「キレイ」になるソープです。香りや泡立ちを楽しみたい方にもおすすめです。


【口伝えで引き継がれてきた秘密のハーブたち】


アフリカン・シークレット・ハーバル・ソープに配合された植物エキスやオイルは、西アフリカで広く肌のお手入れや皮膚病治療に使われてきました。最近では欧米などで化粧品原料として使用されています。元になっているレシピは、ブルキナファソのセレブ層に絶大な人気を誇る伝統医療専門家「ダクヨ博士」の薬草石鹸。月に1万個売れるソープを、日本人の繊細な肌向けに改良しました。はちみつ配合で潤いを与えつつ、フレンチ・グリーンクレイも配合し、気持ちよくしっかり「洗うこと」「清潔にすること」にフォーカスしたソープです。


【配合されている植物原料】




 *ミトラカーパススケーバーエキス
   抗菌・ウィルス作用、美白・シミ除去にも用いられる

 *カラパプロケア種子オイル
   抗菌・抗炎症作用の他、皮膚の修復を促す

 *ハナセンナ葉エキス
   抗菌・抗バクテリア作用、ひきしめ効果

 *ニーム葉・種子オイル
   アフリカでも広く使われており、皮膚疾患治療の定番

その他、吸着・解毒作用があり、洗浄効果が高い「フレンチグリーンクレイ」や、ビタミン・ミネラルが豊富で保湿効果も有名な美肌の味方「シアバターの木とネレのはちみつ」も配合しています。


【おうちでケアに使われてきた精油をプラス】


アフリカン・シークレット・ハーバル・ソープには、「ラベンダー」と「ティートゥリー」という、フランスやオーストラリアのおうちでお肌のケアに使われてきた精油に加え、みんな大好きなリラックス精油の代表「スウィートオレンジ」の甘い香りを配合。すっきりと心地よい香りになりました。


【今も盛んな植物を使った伝統医薬】


少しわかりにくいですが、女性が手に持つふろしきには木の枝が入っています。子どもがお腹を壊した時に使うのだそうです
少しわかりにくいですが、女性が手に持つふろしきには木の枝が入っています。子どもがお腹を壊した時に使うのだそうです

ブルキナファソでは今でも伝統医療が盛んです。もちろん、呪術師のような伝統的な施療者も存在しますが、ちょっとした肌トラブルや下痢、熱などは、そのあたりの植物を使って自分たちで手当てします。誰かが草や葉っぱ、樹皮や根っこを一掴み持って歩いていたら、多くは子どもの手当てに使うために採取してきたものです(料理に使う場合もありますが・・・)。実際、下痢などの場合は、西洋の薬を飲むより植物の搾り汁のほうが良く効きいたりします。マラリアも軽いものなら、多くの人々は薬草で作られた安価な民間薬を飲んでいます。だからでしょうか、ブルキナファソでは薬草に詳しい人がとても多い印象を受けます。町の人と森に入ると大変。みんなで薬草知識披露合戦が始まります。「この樹皮は肝臓にいいから、飲みすぎたらこれに限る。」「この葉っぱは、子どもの頃、お腹が痛くなったら、おばあちゃんが絞って飲ませてくれた」等々・・・都会に住んで近代的な生活をしていても、皆、生活は森の恵みに彩られています。


【ダクヨ博士のソープを改良しました】


ダクヨ博士はn-Seソープの生産技術面の監修をお願いしている薬学博士。伝統医薬の専門家で、通常の薬局経営と同時に、phytoflaという伝統医薬の製薬会社を経営しています。ブルキナファソでは超がつくほどの有名人。phytoflaの製品はブルキナファソの保健省に認められており、マラリア薬や咳止めシロップなど、診療所でも処方OKなものがいくつかあります。そんなダクヨ博士は、2013年、世界を変えるイノベーターとして「アショカ・フェロー」に選ばれました。フェローにはユヌス氏など、著名人が名を連ねています。


【原料生産とソープ作りに関わるプロフェッショナルたち】




ン・セーのシアバターソープは、ダクヨ博士の他、シアバター作り名人のマダム・イゴ、無添加手作り石鹸55年の丸菱石鹸さんというプロフェッショナルの大きなご協力を得て、大切に大切に育まれてきました。マダム・イゴがシアバター作りを、ダクヨ博士が現地ソープ作りを、丸菱石鹸さんがソープ製造研修や輸入・輸入後検査を担当しています。


【n-Séとブルキナファソ:社会貢献】




シアバターはブルキナファソ国コモエの森周辺の村々の「住民森林管理グループ(GGF)」の女性たち、ソープは現地市民団体であるラキエタ・エイズ対策センター「HIVに感染した女性およびHIV/AIDSに影響を受けた女性たちのための研修センター」講師の女性たちが実際の製造にあたります。すべて、伝統的な方法を守りつつ、品質向上のために必要工程を改良した手仕事です。株式会社 ア・ダンセでは、現地でのシアバターの木や実の成長から、シアバター作り、ソープ製造、日本への輸出、日本での仕上げまで直接見守っています。ン・セーのシアバターソープのお買い上げで、森林保全、エイズ対策、女性の収入向上に貢献することができます。規模は決して大きくありませんが、顔の見える信頼関係を大切にしながら、多くの人々の手間と愛情が一杯込められた手仕事ソープを皆様のお手元にお届けします。

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません